トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 30

大鑑慧能禅師が門人の行昌に説示して言われた。 

無常(変転常ないもの)を仏性というのである。有常(恒常的なもの)とは善悪の判断で、あれはいい、これは悪いと決めつけていく理性である。

大鑑慧能禅師の言葉について道元禅師がさらに注釈されます。
ここで大鑑慧能禅師が言っている無常とは、外道(仏教を信じない人々)や二乗(頭や感覚で仏教を学ぶ人々)の想像できる範囲のものではない。外道、二乗の人々は「仏性は恒常的なもので、どんな事があっても変化しないものであるはずだ」と思い込んでいるから、大鑑慧能禅師の言葉を聞くとそんなはずはないと考える。

大鑑慧能禅師が言われたように、変転常ないもの、それがこの現実の世界であるが、その現実世界自体が仏性とはどういうものかという事を言葉に表し、実際の日常生活の行動において行い、また日常生活においてそれを実際に体験していく場合に、その無常を説明し、無常を実践し、無常を体験していくすべてのものが仏性そのものである。日常生活において、常にクルクルと変わっていくものが仏性である。

自分自身の体を現して他人を救済することが出来る場合には、自分自身の体を現してその人のために説法する。つまり、教えを聞きたいと思っている人によって一番適切な姿を現してその人を教える。これが仏性である。自分を現わす、自分の体を現わすという事は、身長の高い人は高い体を現わし、低い人は低い体を現わし、それぞれ自分の姿を現して人に教え、人を救うのである。



              ―西嶋先生の話―

先日来、「正法眼蔵仏性」の巻をやっておるわけでありますが、この巻もなかなか難しい巻であります。特に、仏性というものは一体どういうものなのかと言う事が、わかった様でよくわからないと言う面が多いと思います。今日は最初に仏性というものが我々の日常生活においてどういう形で出て来るか、と言う事から問題を捉えていきたいと思います。この仏性というものを考える場合にも、仏教特有の考え方、つまり四つの段階による考え方を当てはめて考えていくと、比較的わかりがいいということがあろうかと思います。

まず最初に、仏性というものを、我々の心の中にどう映かと言う立場から考えてまいりますと、仏性というものが我々の心の中に現れたと言う事は、我々が本当の意味で何をやりたいかがわかると言う事があると思います。ふつう我々は、自分のやりたい事をちゃんと知っていると感じているわけでありますが、本当にそうなのかと考えてみると、どうも怪しくなってくるのであります。

たとえば男子の場合では、酒を飲むというふうな一見楽しいことがあって、酒を飲むのは非常に楽しい事という事で世間がすべて認めておる。だから金があって暇があれば、一杯飲んで陽気な思いをする。これは非常に楽しいことだというふうに人も思い、自分も思っているわけですが、たくさん飲んだ翌日に果たして楽しいかと言うと、必ずしもそうはいかない様なところもある。そうすると「いやぁ、昨日はちょっと飲み過ぎたなあ」「金もだいぶ使ってしまったなあ」「調子に乗って、気前よくパッパパッパとお金を振りまいたけれども、どうもつまらん事をしたなあ」と言うふうな事がないでもない。

それからまた、お酒を飲む場所で、自分がお酒を飲まないで、人の飲んでいるのを見ていると、飲んでいる人が本当に楽しいのかどうか疑問になってくる。非常に楽しそうにゲラゲラ笑って、口角泡を飛ばして、普段おとなしい人が、とてつもなく元気を出して議論をしたり、冗談を言い合ったりして、傍から見ると楽しそうにも見えるけれども、一見非常に寂しい状況でもあるわけです。そのことはどういうことかというと、非常に楽しいけれども、自分が何をしているのかよくわからない。自分が本当に飲みたくて飲んでいるのかどうか、その辺がよくわからないという問題がある訳であります。

そうすると、我々の日常生活において、本当に自分は何をやりたいのか、やりたくないのかと言う事が見えて来ることが、仏性が出てきたと言う事と関係があると見ていいと思います。本当に本人にとって楽しいのかどうか。世間でも楽しいはずだと思っているし、自分も確かに楽しいはずだと思って一所懸命やっているわけだけれども、本当に楽しいのかどうか、本質に立ち返って考えて見る必要がある。その点では、本当に楽しいのかどうか、やや疑問なところがありませんか、と言う問題もあるわけです。

                             つづく--


いつも訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-