トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

坐禅で一番大事なこと

今日から私も書きます。妻と同い年で仕事も一緒にしています。私も坐禅を頼りに生活しています。

坐禅は毎日することが一番大事です。私が坐禅を始めた頃は毎日朝15分夜15分でした。現在は毎日朝30分・夜45分坐禅をしています。坐禅を始める前は朝寝坊でしたが、今は坐禅をしたい一心でいつまでも布団のなかにはいられません、それから夜はお酒を飲むと坐禅ができませんので、お酒を飲むこともやめてしまいました。

なぜこんなに夢中になれるのか、それは坐禅がスポーツだからだと思います。静かなスポーツです。これは、毎日続けていると気が付きます。坐禅はたとえ5分でも朝と夜、一日2回づつ毎日実行することが大事です。


読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-