トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 12

釈尊の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

古くから仏教を勉強している人々がえてして考えがちなところは、いま現在においては仏性がないけれども、いずれ仏性が現れて来るのであるからその時期を待つのだと考えている。この様な心構えで一所懸命仏道修行をして行くと、そのうち自然に仏性というものが現れてくる時期に出会えるだろうと考えている。その時期が到来しないのならば、師匠について様々の教えを聞いたとしても、あるいは坐禅を一所懸命やって努力してみても仏性は現れて来ないと言っている。

この様に時期が来なければどうにもならないのだからというふうに考えて、俗世間に舞い戻って努力を捨てている者は、自然である事が一番よいと言う考え方を持って生きている外道(仏教徒とは別の考え方)の一派であろう。「仏性を知りたいと思うならば」と言う言葉の意味は、これから知ろうと思うならばと言う事ではなくて、もうすでに仏性というものについての意味はわかっていると言う事でもあろう。

また現在の時間における実体というものを観察したいと思うならば、あるいはまさに観察しつつあるという状態においては、まさに現在における実体を知っていると言う意味に該当する。そこで仏性が何かということを知りたいと思うならば、仏性とは、現在の瞬間における現実そのものが仏性だというふうに理解しなければならない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
                             --つづき
  
質問
先生は企業の中にいたときも、妥協のない生活というか・・・。

先生
そう。それはあったね。というのは、妥協なんていうのも人間が頭で作り出すから、妥協したとかしないとかという事があるんであって、現実というものはそういう抽象的な理解で割り切れない世界ですよ。だから目の前にあるものを処理するというようなことでしかないと思う。だから妥協するとか、妥協しないとかというふうなことも、傍からみればそういう解釈ができるだけであって、人間の生き方というのはもっと直接的なもので、妥協があるとかないとかということの理解を乗り越えた世界というのが、現実の誰の生活でもあると思いますよ。だから「妥協しなきゃ」なんて無理に思うと、現実離れがしちゃうわけですよ。

妥協しなきゃならん場面なんていうのはないのに「いや、ここで妥協しなきゃ」とか、あるいは「ここで妥協しちゃいけない」とか、どっちかに偏って考えるわけだけど、法というのは、そういう妥協するとか妥協しないとかというものよりも、もっ厳密などうにもならない現在の瞬間ですよ。だから世間的な考え方をすると、妥協するとか、妥協しないとか、妥協する方がいいとか、妥協しない方がいいとかと言うけど、これは全部頭の中で考えたことで、日常生活において何をやっていくかというようなことは、それほどレッテルで色分けできる性質のものではないという事。これが実態だと思ますね。

そういう考え方が仏道なんです。新聞なんかでは人気が出ないですよね、こういう考え方は。あの人は妥協してない、なんて話になるしね。あの人はどうも妥協ばかりしているという、これも話になるわけだけど、妥協も妥協もしないんだ、なんていうと、新聞の記事にならない。


いつも訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-