トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 5

釈尊の言葉「一切衆生悉有仏性如来常住無有変易」について道元禅師の注釈は続きます。

また別の立場から見るならば、この世の中というものは、本来、永遠の過去からずっと続いて存在しているものだと言葉だけで決めつける事も当たらない。なぜかというと、この世の中は、永遠の過去から永遠の未来にまたがって実在として続いているものである。また、現在自分が生きているという瞬間瞬間にこの世の中が生まれるのかと言うと、必ずしもそうではない。なぜかというと、この我々の住んでいる世界は、他から余分に何かを受け取ると言う事が全くないから、現にここに存在しているという事は、急に突然現れた存在だというふうな理解は出来ない。

それでは瞬間瞬間のバラバラの存在かと考えてみると、そうではない。我々がこの世界を見る場合には、木や草や山や川や、一切のものを一つのまとまったものとして受け取るのであるから、個々の一つ一つのバラバラの存在と言うわけにもいかない。そうかといって、本源のない、初めがないと言う存在かと言うと必ずしもそうではない。なぜかというと、この世の中は、言葉では表現する事のできない何かが、この様に現に現れているというに過ぎないのであるから。それでは、現在の瞬間に急に生まれたものであるかというふうに考えてみると、必ずしもそうとも言えない。なぜかというと、我々の日常生活におけるごく普段の心というものが真実に他ならないと昔から説かれているからである。

はっきり承知しておかなければならないことは、この一切の世界において、その中に生きているすべてのものは、いつも都合がよいというわけにはいかない。いろいろな苦労をしながら、しかも苦心惨憺しながらこの世の中を生きていき、しかもそれが非常に大きな人生としての意味を持っているのである。そして我々の住んでいるこの一切の世界というものを、いま述べたように理解していくならば、我々の住んでいる世界というものは、ああだこうだと理屈では解釈する事のできない、しかも非常に透き通った美しさを具えた何かである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
ちょっと本で読んだんですけど、禅宗がほんとに影響を受けてるのは、インドからじゃなくて、中国の荘子っていう思想家がいますね、あの考えをくんでいるのが禅宗じゃないかと・・・その辺はどうなんでしょうか。

先生
それは当たっていますね。だから道元禅師は自分の宗派を禅宗と言われることを非常に嫌われたわけです。自分の思想は仏教以外の何ものではないから、禅宗という名前で呼んではいかんという事を「正法眼蔵」の中で書かれているわけですね。そのことは、確かに今いわれたように中国の坐禅を中心にした仏教宗派のうち、中国本来の道教の思想と仏教とが混ざってできた考え方というのがあるわけですよね。その点では今いわれたことは、間違っていないという事が言えると思います。

質問
道元禅師は荘子の思想をどういうようにとらえておるんでしょうか。

先生
仏教よりもはるかに低い思想だという捉え方をしていますね。だから「三教一致」という考え方が中国にあって、道教も儒教も仏教も同じだという考え方は、仏教に対する途轍もない冒涜だという事を非常に強く言っておられますね。 


いつも訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
570:仏性の巻① by せっせせっせ on 2016/08/30 at 02:54:11

仏性の巻は心に響いた箇所を書き残しながら学んでいこうと思います。
「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」
すべての生きとし生けるものは悉(ことごと)く仏性を具えている)から一歩進んで「悉有は仏性なり」一切の存在するものはすべて仏性そのものだ。
=我々が娑婆世界で一所懸命に生きているその時には、一切が仏そのものに他ならない。
「坐禅の修行をして自信を持って堂々と生きていくことが本来の人間のあり方である。仏道、仏道と騒いでいても一番大切な事は『これでいいんだ』と言う自信を持つことである。それが仏道の基本であり、その事が身につけば疑問の余地がない様にわかってくる。」


571:Re: 仏性の巻① by 幽村芳春 on 2016/08/30 at 12:12:05

せっせせっせさん、いつもコメントありがとうございます。

道元禅師は一切衆生悉有仏性(人間は本来非常に優れた素質を持っている)という教えを聞いて、そういうふうに人間が結構なものであるならば、なぜわざわざ修行をする必要があるのかと疑問を持った。そして中国へ渡り天童如浄禅師にお会いして仏道の真髄を把まれ帰国され「正法眼蔵」という素晴らしい本を残してくださいました。
「正法眼蔵」にであい坐禅をすることによって、「これでいいんだ」という毎日を送っています。
これからも坐禅をして正法眼蔵を学んでいきましょう。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-