トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 4

釈尊の言葉「一切衆生悉有仏性如来常住無有変易」について道元禅師の注釈は続きます。

この世の中の一切の生きとし生けるものの存在が、何らかの努力によって累積されるものであるとか、何らかの客観条件から生まれたものであるとか、実在として現に存在するものであるというふうな解釈が仮に当っていたとするならば、仏教界において真実を得られた沢山の方々の体験も、それらの方々が把握された真実も、釈尊ご自身がもっておられた見方も、様々の行動の累積によって初めて積み上げられところの結果だと言う考え方になろうし、また何らかの環境から生まれてきたものだという考え方にもなろうし、また本来の宇宙のそのままの姿だという考え方にもなろう。

しかしそうではないのである。この我々の住んでいる世界は、何らの説明も解釈もなしにそのまま尊いのである。我々の生き方は「直下さらに第二人あらず」である。頭の中であれこれ考えて二つの考え方に迷う事ではない。現在の瞬間においは、意識される第二の自分は全く存在しないのである。坐禅をしていると自然に自分自身が出て来る。坐禅の修行をして自信を持って堂々と生きていく事が本来の人間のあり方である。仏道、仏道と騒いでいても、一番大切な事は「これでいいんだ」と言う自信を持つ事である。それが仏道の基本であり、その事が身につけば仏道の一切は疑問の余地がない様にわかって来る。

ところが人々はこの事に気が付かないから、さて仏道とは何かと言う事で迷いに迷う。そういう根源に立ち至らないで、あれこれと迷っているならば、様々な経験を経て積み重なった様々な考え方が一体いつになったら収まる時があろうか。我々の住んでいるこの世界は、我々も含めて何の根源もなしに、何の環境もなしに、ただ偶然に生まれて来た世界だと言うわけにはいかない。なぜならば、この我々の住んでいる世界は何も隠していない。ありのままが全部、我々の目の前に出てきている。この言葉の意味は、必ずしも我々の住んでいるこの世界が、すべて存在だ、実在だと言う事を主張しているわけではない。なぜならば、我々の住んでいるこの世界は、一切が我々の心に映じた姿であって、我々の心がなければこの世の中もない。我々の持ち物に他ならないという考え方があるけれども、それは仏教を信じない人々の誤った考え方である。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
質問
「法」の事なんですが、これは国の法とは一致するものじゃないわけですね。

先生
ええ、全部が全部一致するというものではないです。その国の法律ができる以前からあるもの、現実そのものとしてあるもの。だから国はそれを反映させて、ある時代・ある社会に適合した法律をつくるわけですが、それが全部が全部「法」に適っているとはいい切れない。適っていないからこそ、時代が経つと改廃(改正と廃止)が行われる。そういう関係にあると思います。

質問
そうすると実際には、法というものがどういうものかということは、知ることは難しいわけですね。
  
先生
いや、坐禅をすれば体全体で感じられるということです。坐禅をするのはそのためです。これは本を読んだって書いてないんだから。
  
質問
という事は、頭の中で考えてもわかるものじゃないという事ですか。

先生
ええ、頭の中で考えてわかるものではないという事ですね。体をその形にした時に、体全体で感じられるものが法だ、そういう事にならざるを得ない。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-