トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 看経 16

大先輩である洞山悟本大師について言えば、ある時役人が洞山大師のために昼食を用意し、浄財を寄進して、洞山大師に「大蔵経」を読んで下さいとお願いした。洞山大師は坐禅をしていた椅子から下り、役人に向かって一礼した。役人も洞山大師に対して一礼した。そこで洞山大師はその役人と一緒に坐禅の椅子の回りを一回廻って、ふたたび役人に対して一礼した。そしてしばらくしてから、役人に向かって「自分達がどう言う事をやったかお分かりになりましたか」と質問した。

役人は「わかりません」と言った。そこで洞山大師は「自分とあなたとは、坐禅の椅子の周りを一回廻る事によって一切の大蔵経を読み終わった、どうしてこの事がわからないのですか」と言った。

洞山悟本大師の説話について道元禅師が注釈されます。
洞山悟本大師と役人とのやり取りを見ていくと、洞山悟本大師と役人とが、一切の「大蔵経」を読んだという事は疑う余地がない。この場合、坐禅の椅子の周りを一回廻る行為と、一切の「大蔵経」を読む行為とを頭に別々に描き、坐禅の椅子の周りを一回廻る行為が一切の「大蔵経」を読む行為と同じだと学んではならない。

しかしながら、この話を通して洞山悟本大師が与えられた慈悲あふれる教えを拝聴する必要がある。この洞山悟本大師の説話は、亡くなった私(道元禅師)の師匠である天童如浄禅師が天童山で住職をしておられた時、高麗の国の支援者が寺院に来て寄進し正式の説法をお願いした時に取り上げられた説話である。

天童如浄禅師は説話に関する説法が終わった後、突然払子を持って大きな輪を空間にえがく事を一回行って「自分はあなたの為に一切の大蔵経を読み終わった」と言われた。そして、持っていた払子をその場に放り出して法堂の席から下りられた。今ここで天童如浄禅師の言われたところをよく勉強してみる必要がある。天童如浄禅師の境地は、それ以外の人々と比べて論ずるわけにはいかない。

ただここで天童如浄禅師は実に素晴らしい形で「大蔵経」を読む事をご自身の行動によって示されたのであるけれども、その場合の「大蔵経」の読み方を、一つの眼で読まれたとか半分の眼で読まれたとか、どういう表現をしたらこの場合にピッタリと当てはまるであろうか。また洞山悟本大師の言われたところと、天童如浄禅師の言われたところとは、眼で経典を読んだと理解すべきであろうか、舌を使って経典を読んだと理解したらいいのであろうか。この洞山悟本大師と天童如浄禅師との、それぞれの「大蔵経」を読む事に関連して示された行動については、十分に見当してみるだけの価値がある。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
講義を離れまして。先生は「一所懸命やることだ」としょっちゅうおっしゃいますが、また一方には「仏道というものはシラケたものである」という事をおっしゃってるわけですが。そこで例えば、選挙の後始末というんでしょうか、いわゆる買収ですね、あれは一所懸命やった結果、あんなバカバカしいことをやってるんでしょうね。

先生
ただ、一所懸命という事の意味がちょっと違うと思うんですよね。つまりね、まあ飢餓道に落ちてるんですな、買収する方もされる方も。もう手段を選ばずとにかく通りたいという気持ちが、やっぱりああいう形になって出てくるんだと。

質問
しかし、その一所懸命には変わりないでしょうね。

先生
だから一所懸命と言っても、金を使うなんて言うのは、一所懸命じゃないんですよ。楽をしようと思うから金を使うわけでね。自分が一所懸命説き回って、選挙運動をやるというよりは、金をばらまいた方が楽だという事があると思いますよ。それ以外にどうも勝ち目がないと。

質問
これを防ぐ道はやはりシラケた、冷静な、誰にも影響されないというんでしょうかね、やかり唯我独尊というような感じで、初めて落ち着くものであってですね、一所懸命、まあ先生はホ-ルハ-テッドとおっしゃいましたが、ご当人にすれば一所懸命、気違いのようになってやってるんでしょうねえ。

先生
だからその辺がね、一所懸命になり方が、まあ餓鬼道に落ちているという事だと思ますよ。

質問
これは結果を見ないとわからんという事になりますか。

先生
いやあ、結果じゃないと思いますよ。結果がよかろうと悪かろうと、金を使って代議士になろうなんて言うのは、やっぱり落つるんだと思いますよ。それで、そういう考え方があるうちは民主主義なんていっても、まあ夢のような話でね。只だんだんそういうものが効かなくなってきているという事で、多少望みが出てきたという事だと思います。


いつも訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-