トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 古鏡 2

「古鏡」の巻、本文に入ります。

過去においてたくさんの先輩方が真実というものを把まれて、師匠から弟子へと一系に伝えて来たものを、ここで言葉で表現するならば、古鏡(永遠の価値を持った鏡)という言葉で表現することもできる。その古鏡に映る姿は、あの人の持っている古鏡とこの人の持っている古鏡は別だと言う事ではなくて、その姿も材料も同じである。同じ様にその境地というものを体験し、同じ様にそれを現実の場面において体験する事が出来る。

赤いひげの外国人がその鏡の前に立てば、その鏡の中に赤いひげの外国人の姿を映す。中国人がその鏡の前にたてば、その鏡の中に中国人の姿を映す。それは瞬間であり同時に永遠の意味を持った時間において行われる。過去が来れば過去を映し、現在が来れば現在を映し、真実を得られた方々が来れば真実を得られた方々を映し、仏教界の諸先輩が来れば仏教界の諸先輩を映したのである。



           ―西嶋先生の話―

私の話ではよく主観とか客観とかという言葉が出てくるわけでありますが、この主観とか客観とかいう言葉は非常に理屈っぽい哲学的な言葉で、あまり耳慣れないということがあろうかと思います。今日、新聞とか雑誌などを見てみても主観とか客観とかという言葉にはそう頻繁にお目にかからない。なぜ今日、新聞や雑誌で主観とか客観とかという言葉にお会いしにくいかというと、一つには今日の新聞とか雑誌で主に主張されている考え方というものは、主観だけを中心とした考え方だからであります。そのために主観と客観との関わり合いというものがあまり問題にならない。それからもう一つは、極端に客観だけを中心にした考え方がある。そこでもやっぱり主観とか客観とかという言葉はあまり出てこない。

ところが、この我々の住んでいる現実というのは、主観と客観との関わり合いというのが実体ということがあるわけで、そのことを主張されたのが釈尊だということにもなるわけであります。したがって仏教の教えというのは、主観と客観との関わり合いということが中心問題になるわけであります。だから「正法眼蔵」の中でも繰り返し繰り返し主観と客観との関係が取り上げられてくるということになるわけであります。

我々の住んでいる社会でも、もっと仏教的な見方が盛んになってきますと、新聞や雑誌でも、主観的な立場から見ればどう、客観的な立場から見ればどうというふうな問題の取り上げ方がおそらく増えてくるだろうと思うわけであります。その点では今日、仏教思想が盛んでない時代ということが言えようかと思うわけであります。ところがこの主観とか客観とかということは、我々が現実の世界、我々の住んでいる世界を論議しようとすると、必ず取り上げなければならない考え方で、早い話が我々の商売一つをとってみても主観と客観との絡み合いということが言えるわけであります。
                           つづく--


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-