トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 法華転法華 15

「心迷えば法華に転ぜられる」について道元禅師の注釈は続きます。

釈尊が諸々の生物が遊び楽しむ場所をご自分の住む清浄の世界と観じ、それが決して破壊の対象となり得ない旨を宣言し、その中に永遠に存在し続けておられる様子を丁寧に細かく本来の自分自身の行動によって把握するべきである。一心に釈尊に出会いたいという願いを起こすということは、自分自身の事であると勉強したらよいのであろうか。自分以外の他人の事であると勉強したらよいのであろうか。自分自身がこの宇宙の一部として真実と一体になる事もあれば、自分自身と宇宙とが全部一体になってしまって真実を具現すると言う場合もある。

「法華経」の中で、釈尊と衆僧とが共に霊鷲山に出現するという文句があるわけで、共に霊鷲山に出現するという事は、自分自身の体や命を惜しまないからこそ霊鷲山に出現することが出来るのである。そのことは自分自身が自分の体や命を惜しまずに一所懸命生きるならば、自分自身が釈尊がおられた境地とまったく同じ世界に出現するということに他ならない。また釈尊はたくさんの人々を教え導くための手段(方便)として、とりあえず死去されるという形での真実の捉え方があり、近くにいるけれども、釈尊を見ることが出来ないという文句がやはり「法華経」にあるけれども、その点では、真心一つになって理解するとか理解しないとかということを超越するという境地を信じない人があるだろうか。

そして同じように「法華経」に説かれているところの、この我々の住んでいる宇宙そのものは、釈尊の住んでいるところであり、毘盧遮那仏(大日如来)の住んでおられるところである。すなわち「常寂光土」と言われる常に静かな光に満ち溢れたところである。生まれながらにして、凡聖同居士・方便有余土・実報無礙土・常寂光土と言う四つの境地がいずれも具わっているのであるから、我々自身たった一つの真実の世界に住んでいるという事に他ならない。 

※西嶋先生解説
四種類の世界というのは、天台宗で説くところの世界。天台宗というのは「法華経」を中心にした宗派。だから天台宗の教えは「法華経」の教えでもあって、そこの説明として凡聖同居士・方便有余土・実報無礙土・常寂光土と言う四種類の国土があると説かれているわけである。凡聖同居士とは聖人と凡人が一緒にいる世界。方便有余土とは、境地がかなり進んできたけれども、まだ完全に障害が除かれたという状況ではない世界、実報無礙土とは、方便有余土がさらに進んだ境地。常寂光土とは、もう全てが真実と一体になった境地、というふうに説かれている。



             ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
輪廻転生について教えて下さい。

先生
古代インドにおいて仏教が生まれる以前に、バラモンの説くところの輪廻転生が非常に盛んだった。その輪廻転生からどう逃れるかというのが、バラモンの教えの中心的な問題であった。輪廻転生は信じるに足りないと釈尊は主張された。仏教思想の考え方の中には輪廻転生の教えはありません。仏教が広まり伝えられていくうちに、それ以前にあったバラモンの教えが仏教の教えの中に混同されて、輪廻転生の間違った考え方が入りこんでしまった。仏教を理解する場合にすぐ輪廻転生と言うようなことが出て来る場合がありますが、仏教は輪廻転生をむしろ否定した教えです。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-