トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏祖 1

「仏祖」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。

表題の仏祖と言う言葉の説明ですが、仏と言うのは何かというと、真実を得た人と考えていいわけです。よく神、仏と言うふうな言葉があって、神様に似たようなものが仏さんだと、人間より上のものと言う考え方があるけれども、仏道ではそういう考え方をしない。仏と言うのは、人間が完成された姿。だから人間が人間になったものを仏という。人間が人間以上のものになったのが仏ではない。人間は人間以上のものにはなれない。本来の人間になった人を仏と言う

釈尊がそういう教えを説き始めて、それから弟子へと代々伝わって、仏道は今日に達しておるわけです。だからそういう点では、釈尊以来代々の祖師方があるいは代々の仏教徒が、それぞれ仏道修行をして、本来の人間になって、その本来の人間が次から次へと伝えて今日に到達したという考え方が出来るわけです。ここで特に仏祖として挙げておられるのは、釈尊以来仏教教団と言うものが出来上がって、その仏教教団の最高の指導者が、代々その任務を継いできた。そういう考え方から、道元禅師は、その仏教教団の代々の指導者を次から対へとここへ書き上げられるわけです。釈尊の前にも六人の真実を得られた方々と言うものを想定して、その六人の方々の次に釈尊を置いて、それから釈尊の弟子の摩訶迦葉尊者を置くという形で、仏道と言うものが、代々そういう仏教教団の指導者を通して今日に伝えられてきたということを述べておられるわけです。この「仏祖」の巻は短い巻であるけれども、道元禅師の仏教に対する考え方がかなり強く出ている巻ということもいえようかと思う。



          ―西島先生の話―
                       --つづき

人生におけるこういう問題は、大きい小さいの違いはあるけれど誰にでもある。一日が判断の連続。どういう方向にどういったらいいかということで、朝から晩まで目が覚めている間は判断、判断、判断ということで、年中判断を相手に生きていかなければならない。だからそういう面では、頭の中で考えていいか悪いかと言う様な事を考えきれるものでない。その場その場で直観的に「ああこれが右」「これは左」「これは真ん中」ということで、即座に判断して行動しなければならないのが我々の人生である。智慧が備わっておるか備わっておらんかということが、我々の人生の方向を決めてしまうというのはそういう意味においてである。

だから智慧と言うのは、頭の中で考えることではなくて、直感的に浮かんでくる判断、それが智慧と言うものである。判断はいろいろあるわけだけれども、ここで正しい判断が必要ということになる。その正しい判断の基礎を智慧と言う。

仏教がなぜこの智慧と言うものを大切にしたかと言うと、釈尊が我々の仏道を教える手段として坐禅と言うものを説かれたわけだけれども、坐禅と言うのはこの智慧を得るための行動とみて間違いない。我々が足を組み、手を組み、背骨を伸ばしてジ-ッと坐っておる時に具わるものが智慧そのものなのである。そういう経験を持つと、その体の状態、心の状態と言うものが、日常生活のどんな時間でもついて回るから、判断を間違えようと思っても間違えることが出来ない。だからそういう点で、坐禅と言うものが我々の一生を守ってくれるということになる。

坐禅と言うものを知らない人と言うのは、たまたま正しい判断をすることもあるけれども、間違った判断をすることもある。当たり外れと言うものを自分で管理できない。だから幸福になるか、不幸になるか、その辺はあなた任せ、運任せ、うろうろしているうちに「お終い」ということになりかねない。だからそういう点で、釈尊が坐禅と言うものを勧められたのは、まさにそこに理由があるからです。
                            つづく--


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-