トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 山水経 10

「東山水上行」と言う言葉について、仏教関係の問答は理解すべきものではないという解釈の仕方があり、そういう考え方の人は少なくない。それに対して道元禅師は「それは違う」と主張されます。

現在、大宋国において根拠のない事をいう人々が増えている。本当のことを知っている少数の人々では、それらを打ち破る事は不可能な状態である。雲門匡真大師の「東山水上行」という説話や、南泉普願禅師の「鎌子ノ話」と言う説話は決して理屈抜きの理解できない話ではない。ところが一部の人々は理解できない話であるという解釈を取っている。彼らのいうところは、人間の頭で考えたことと関係のある話は、釈尊以来の本当の意味のある話ではない。理解の出来ない何だか訳のわからない話こそ、釈尊以来の伝統を担った正しい話であると言う解釈をしている。

この様なところから、黄檗禅師が弟子の教育に当たってよく棒で叩いたと言う話が伝わっている。また臨済禅師は弟子の指導に当たって、よく「喝!」という大きな声を出したと伝えられているけれども、そういう臨済禅師が大声で叫んだ「喝!」という声は、理解できないところであり、人間のものを考える働きとは関係ない。そしてこの様な理屈がわからない事がこの世が出来上がる前から続いているところの悟りだと主張している。仏教界の諸先輩が弟子を教えるための色々な手段、様々の込み入った問題を断ち切る様な言葉を使っておられるけれども、それらはすべて理解のできない主張であると言っている。

この様な主張をする人々は、正しい師匠に出会った事がないし、仏道を勉強するための見方が具わっていない。問題にするにも足りないような子供である。そして大宋国においては、この二、三百年来、形こそ僧侶であるが内実の伴わない連中が多い。哀れな話である。釈尊の説かれた偉大な教えがすたれてしまったことを意味するものである。この様に仏教関係の様々の話を理屈抜きの話だと理解するやり方は、文字や説法を通じて仏道を勉強していこうとする小乗の人々よりも劣っているし、仏教を信じない人々よりもさらに愚かである。



          ―西嶋先生の話―
                       --つづき

だから我々は坐禅をやって何をしているかと言えば、ありのままを見る力を養っているという風な捉え方もできるわけです。ありのままを見る力を養うためには、年中いろんなことを考え続けているわけですけれども、たまには何も考えない時間を持つということ、それから我々はいつもいろんな刺激を追っかけてキョロキョロしているわけだけれども、たまにはそういう刺激から離れるという時間を持つことが、我々を取り巻いている現実をありのままに、正しく見るということにつながるわけです。

こういう考え方は西洋には非常に少ない。ほとんどなかったと言ってもいい。だから西洋ではものを考えるということを基礎にした考え方と、ものを感じるということを基礎にした考え方と、二つの考え方が相争って今日まで来たわけです。そのことが西洋文明発展の原因ではあったけれども、今日となってみるとそれが世界の対立の基本的な原因をなしているわけです。そうすると東洋の思想が今後出て言って、西洋思想の欠けた面を補うということがおそらく行われるであろうという風に感ぜられるわけです。

そういう点では現実をよく見る、現実を捉えて、それで行動していくということが非常に大切な事で、我々はそのことを勉強しているんだという風に見ても差し支えない。この本の現在やっておる「山水経」の巻にしても、自然をどう見るかということが中心になっているわけです。西洋の考え方からすれば、自然は物質から出来上がっておって、物質と言うのは、それを細かく分けていくと、分子になるとか、原子になるとか、あるいは中性子になるとか、電子になるとか、今日の自然科学からいくと、かなり細かいところまで分かってきつつある。

ただここで述べられておる自然に対する考え方は、そういう物質的なものではあるけれども、絶対のものではない。それはあくまでも相対的な、相互関係の問題だということも、この「山水経」と言う巻で捉えておるかなり中心的な考え方。そのことが、単に外界の世界を物質的に絶対なものだという風に思い込む考え方ではなしに、やはり人間の心の働きも我々の住んでいる現実の世界の重要な要素をなしておるから、心の問題と物の問題と両方が絡み合ったところに現実の世界がある。自然がある。そういうことがこの巻で説かれている趣旨ということになろうかと思います。


読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-