トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 山水経 1

山水経の巻の前に、袈裟功徳の巻伝衣の巻があります。袈裟功徳の巻では、袈裟の効用、掛け方、洗濯の方法等について述べられています。伝衣の巻は、袈裟功徳のための草稿ではなかったかと考えられています。袈裟功徳の巻、伝衣の巻は特に寺院生活において必要な巻でありますから、管理人は在家なので省略します。

「山水経」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。
山水経の、「山水」と言うのは、山、川と言う意味。山、川で何を表そうとしているかというと、今日の言葉で言えば自然と言うものを表す。この山水経には自然がどういう意味を持っているかと言う、自然に対する見方が書いてある。我々が休みに郊外に出かけたり、旅に出たりして自然を見ていると、ふだん都会の中では感じられなかったような何か素晴らしいものを感じる。非常に美しいと感ずる。そういう自然が持っている美しさと言うものはいったい何だという問題がある。

おかしいじゃないか、人が何にも手を加えないで自然にできているものに対して、何でそんなに美しいと感じるのか、素晴らしいと感じるのかと言う事になると、自然と言うものの中に我々の本質と同じものが含まれているのではなかろうかと言う考え方が生まれて来る。そして仏教ではこの宇宙の全体が人間も自然も全部含めて、一つの何らかの統一体だという考え方があるから、人間にとって、自然が美しいと感ずるのは少しも不思議のないこと。自然と我々とは全く同じ本質のものだということが基本にある。

そういうことをこの「山水経」の巻では説いておる。「経」と言うのは経典ということ。だから山や川と言う自然と言うものが経典と同じだと。山や川を眺めておることによって、あるいは山や川を見て暮らすことによって、そういう自然の中に教えが含まれておるということが、この「山水経」と言う巻が説いておられるところ。こういう考え方と言うのは西洋では割合少ない。どうして少ないかと言うと、西洋の考え方には神様と人間と動物と言うふうな分け方がある。そうすると自然と言うものは人間より一段下のもので、どんなふうにでも利用すればいいもの、使えばいいものと言う考え方がある。だから自然を征服すると言う様な考え方がある。

東洋の場合には、自然は自分たちの家なんだから、その中に住んで安らかに過ごすということが東洋的な考え方になる。だからそういう点でどっちが正しいとかということは別問題として、東洋的な自然の見方と西洋的な自然の見方とが違うということはある。最近西洋の人がしきりに東洋の考え方に興味を持つのは、一つはこういう全部が一体だという東洋流の考え方に原因がある。向こうでは、神様と人間は違う、人間と自然とは全然違うというはっきり分けた考え方である。東洋では、人間も自然も根源は同じだというふうな考え方がある。そのことがこの「山水経」の中でも説かれておる。



           ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
あることを行動に移さないで、思っていることは悪いことじゃないんですか。

先生
その点では、キリスト教と仏教とちょっと違うんです。キリスト教では、ものを考えただけで罪だということを言うんだけれども、仏教は実際にやらなければよろしいという考え方。だから頭の中で考える事と実際にやる事とは大いに違うという捉え方が仏道にはあります。頭の中で考えること、考えまいと思ってもついつい考えちゃう、いろんなことを。いいことにつけ悪いことにつけ。いいことにつけ悪いことにつけ考えているうちは大したことない、実際にやるといけませんと言うところがありますね。

だから人のものを欲しいな、欲しいなと思っている分にはいいんだけれども、欲しいからと言ってちょっと手を出すといけませんと。だからそういう点では、仏教の教えと言うのは非常に客観的ですよ、現実的ですよ。その点で、人間は魂の問題だから、頭の中で考えただけでもよろしくないという考え方とはちょっと違う。その点、仏教とキリスト教とがちょっと違うところですよね。キリスト教では、女性を見て妄想をたくましくすれば姦淫をしたのと同じだということが聖書の中にあるんだけどね、仏教はそうは…。頭で考えているうちは、まあ心配ない。夫婦生活以外の場面で実践行動に移すと(笑)問題ありと言うのが仏教の教えですよ。
 

読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事していた愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-