トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 有時 15

江南省葉県の帰省禅師は臨在義玄禅師の孫弟子にあたる方であり、首山省念禅師の正統な後継者であった。

帰省禅師は、ある時たくさんの僧侶を前にして説法して言われるには「ある時は考え方はまとまっていながら、それが言葉となって出てこない。ある時はいい言葉が浮かんできたけれども、自分の気持ちが充実していない。ある時は自分の気持ちも充実し、それを表現する言葉も整っている。ある時は自分の気持ちも充実していないし、それを表現する言葉も浮かんでこない」と。
 
帰省禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。
帰省禅師が人生において様々な場面があると言っておられるけれども、気分が充実して来たとか、それを表す言葉が浮かんで来たと言う事もいずれも時間においてである。ある時はいい考えを思いついた、ある時はいい考えがさっぱり浮かばないと言ってみてもともに時間においてである。充実している時間がまだ終わらないのに、充実していない時間が来たりする。ここで充実したりいい言葉が浮かんだとかと言うけれども、それはごく日常生活における当たり前のことである。

充実するということは、(何かが他から)到来ことではない。充実していないということは、今だ(何物かが)到来していないということではない。現実の時間というものの有り様はこのようである。現在充実しているとは、独自の存在として現在そうであるというに他ならない。充実していないとは、充実していないということ自体が現在の瞬間における現実である。充実していないということも他のものによって制約されるのではなくて、現に充実していないということが、充実していないということによって拘束されている事態があるにすぎないのであって、充実していないということが充実しているということによって拘束されることはない。



          ―西嶋先生の話―

我々は坐禅を通じて仏道を勉強しています。 仏道は釈尊が説かれた生き方と言う事でもある。 ところが、釈尊の説かれた生き方と世間の生き方が必ずしも全部同じではないと言う事が言えるのであって、その点で仏教は釈尊の説かれた生き方と、世間の生き方の違いをはっきり意識しておるわけです。それがどんなふうに違うかと考えてみますと、仏道修行をしておっても当然食事はする。手洗いにも行くし、夜になれば寝る。そういう点では普通の生活と全く変わらない。

それでは全く同じかと言うと、違う面がある。例えばどういう点が違うかと言うと人間の価値の評価について考えて見ると、世間における人間の評価は人と人との比較でやる。たとえば政治家の世界でいえば、市会議員より県会議員、県会議員より国会議員、国会議員より大臣、大臣より総理大臣のほうが偉いと言うふうに、段階的に比較の上でどっちが偉いかという事をすぐ考える。それから、勲章というものを欲しがる向きになると無性に欲しいらしい。

だから無理をしてあっちこっちに頼みこんで、ぜひ推薦してくれと無理やりにもらうと言う事がかなりある。その勲章は皆さんかなり苦労に苦労を重ねた結果獲得した勲章と言う事になるわけであって、獲得した勲章にも偉い色があればそれより下の色もあるということで、勲章の例をとってみても、比較の問題が必ずある。ところが仏道における人間の偉さというものは、人との比較で偉いとか偉くないとかと言う事が出てくるわけではない。

我々が坐禅をしている時には、宇宙の中で坐禅をしておるという事実が実在するのであって、人との比較によって偉いとか偉くないとかではなくて、宇宙の中における一人の人間が持っている価値が坐禅という姿の中に出てくる。だから仏道が問題にするのは世間的な比較ではなくて、自分自身の問題、自分自身がどうやるか、自分自身の動き方の問題、生き方の問題と言う事になるわけであります。

沢木老師はよく「天地いっぱい」と言う事を言われた。仏道に基準を置いた人間の生き方というものは「天地いっぱいの生き方だ」とよく言われた。「法」とは、宇宙そのものと言う事、あるいは宇宙の秩序と言う事であるとすれば、仏道の生き方というのは宇宙を基準にして生きる生き方という事になる。だから人との比較で、偉いとか、偉くないとかと言う事を乗り越えた問題。人間の偉さを捉えてみても、単なる他の人との比較ではなしに、自分自身が絶対の価値を持っている事が仏道の信仰なのである。

釈尊が「天上天下唯我独尊」と言われた。 天地の間に自分はたった一人で、絶対の価値を持っておるんだと言われたけれども、それは釈尊だけの問題ではない。我々人間すべてが「天上天下唯我独尊」それぞれが自分自身の絶対の価値をもっている。そのことに気ずいた人生と気ずかない人生とがあるわけであります。仏道修行を通じて、自分自身がいかに尊いものであるかと言う事に気がつくと、自分自身の人生を粗末にする事が出来なくなる。

ところが、自分自身がいかに尊いものであるかと言う事に気づかないと色々な考え方で生き様とするから、自分自身の人生を粗末にするおそれがある。そういう点では、仏道というのは、自分自身の絶対の価値というものをシッカリと把まえてそれを基準にして生きていくという生き方、そういう捉え方もできようかと考えるわけです。
                                      

読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
535:自分自身の絶対の価値 by せっせ せっせ on 2016/03/17 at 00:32:29

実名では身の回りのことを言いずらいので、今日から「せっせ せっせ」という名前にさせていただきます。
仏道に基準を置いた人間の生き方が「天地いっぱいの生き方」なんですね。
我々人間すべてがそれぞれ自分自身の絶対の価値を持っていることを「天上天下唯我独尊」と言うんですね。
実社会では評価は比較でやります。
勝ち負けも相手との比較。
妬み、ひがみ、幸せ、不幸せも比較。
金持ち、貧乏も比較。
比較するから不安な気持ちになるんですね。
坐禅をして、自分自身の絶対の価値というものをシッカリと把握できるようになりたいです。
先日の坐禅をして日常生活はどうですか?の質問ですが、坐禅をしてからは何事にも気を抜かなくなりました。気を抜かなくても疲れなくなりました。頭で考えるというのでなく、体で考え実行するようになりましたので実行力が出てきました。
やりたいことができるようになりました。やらないほうがいいことにはブレーキがかかるようになりました。
これからもよろしくお願いします。

538:Re: 自分自身の絶対の価値 by 幽村芳春 on 2016/03/17 at 15:09:40

せっせせっせさん、いつも読んでいただきコメントまでありがとうございます。

「坐禅をして、自分自身の絶対の価値というものをシッカリと把握できるようになりたいです。
本当にそうですよね。私は坐禅を始めてから5,6年経った頃だと思います。先生に「坐禅を一所懸命やっているのに、欲もあるし、愚痴もいうし、怒るし、坐禅をやっても何も変わりません」と言う様な事を言いました。
先生は笑いながら「坐禅をやる前よりそういうことが少なくなったでしょう」と。そうなんです、自分では気づかないうちに少しずつ仏道生活になっているんです。

先生は「仕事においても人との比較ではなく「正法」でやっていれば、利益が出ないはずがない。利益が出ない仕事はやめるべきだ。儲けることは大いに結構。儲けてたくさん税金を納めることは社会貢献なんですよ。間違った方法でいくら頑張っても、いい結果は出ない」等々いろいろ教えていただきました。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-