トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 諸悪莫作 19

唐の時代に生きた有名な詩人白楽天(白居易)は、江西大寂禅師の孫弟子である。白楽天が抗州の長官だった時に、鳥窼道林禅師に弟子入りして仏道修行をした。
 
ある時白楽天が問うた。「釈尊の説かれた教えの一番根本的な意味合いはどう言う事でしょうか」と。鳥窼道林禅師答えて言う。「悪い事をやらず善い事を行うということに尽きる」と。白楽天言う。「若しその様でありますならば、三才の子供でも言うことができましょう」と。鳥窼道林禅師言う。「三歳の子供でも言う事はできるかも知れないが、八十歳の老人になっても実行することができないではないか」と。鳥窼道林禅師がこの様に言うと、白楽天は「なるほど、わかりました」とお辞儀をしてその場を立ち去った。

※西嶋先生解説
この、言う事と行う事とが非常に違う、まったく別の世界の出来事だと言う事が、人生問題を考える上においてかなり大事なこと。この世の中には色々な人がいるけれども、口先がうまいと言う事が人間の値打ちを決めるかどうかと言うと必ずしもそうではない。ま、口先がうまいと言う事も、一つの人間の才能ではあるだろうけれども、言っている事だけを信用ておったら、人間というものの見分けがつきにくい場合がある。

そこで、何をやるかと言う事(行い)を見ていると、だいたいよくわかる。だから人間の値打ちと言うのは、口先だけで上手い事が言えるか言えないかではなくて、どういう行いをするかという事が大事なこと。釈尊が言われたのは、そう言う事を言われた。なぜ釈尊が坐禅を勧められたかと言うと、体を調整し心を調整して何が出来るかということが人間の価値を決める。自分自身を運転できるかできないかによって人間の価値が決まるということを言われた。そのことが「三歳の子供でも言う事は出来るかも知れないが、八十歳の老人になっても実行することができないではないか」と言われた鳥窼道林禅師の言葉の意味でもある。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
「諸悪莫作」と「修繕奉行」とはイコ-ル、同じものでございますか。

先生
裏表の関係ですね。

質問
瞬間的にそっちの方に変わると言う様な説明・・・「馬事到来なり」と言う様な事はそのことなんですか。

先生
いや、そのことと直接に結びつけなくてもいいんですが、我々が善悪を考えていく場合に、何もやらないことが正しいという場合と、やらなければ正しくないという場合と両方ありますよね、日常生活で。だからやらないということが「諸悪莫作」の方で、積極的にやるという方が「修繕奉行」。だから表れる場面がちょっと違ってきますわな。


読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

恁麼(いんも)の巻に入りました。 恁麼とは、宋の時代の俗語で「あの」とか「あれ」という意味を表わす指示代名詞であり、用例によっては「なに」というような」疑問の意味を表わす場合もある。言葉で具体的に表現することの困難な何物かを指すところから、仏教が追い求めるところの心理を言い難き何物かという意味で、この恁麼という言葉で表現した。 コメントお待ちしています。

FC2カウンタ-