トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 谿声山色 14

道元禅師の説示は続きます。

今までの時間は無駄に過ごしたとしても、現に経験しているこの一生が過ぎてしまわないうちに、急いで念願すべきである。その念願とは「願わくは自分と全ての生き物とが、現在経験している一生を起点として、今後の様々な生涯を通じて常に釈尊の説かれた正しい宇宙秩序を聞きたいものである。 正しい宇宙秩序を聞くにあたっては、正しい宇宙秩序を疑ったり信じないと言う事がない状態でありたい。正しい宇宙秩序に出会ったならば、俗世間的な倫理を離れて仏教的な宇宙秩序を受容し保持しよう。究極においては、大地その他の自然やそこに住まう一切の生物と共に真実を体得するという結果を得たいものである」と。

このように念願するならば、それが自然に正しい発心(真実を知りたいという気持ち)を起こす直接・間接の原因になるだろう。 この様な心の持ち方を粗末にしたり怠ってはならない。 またこの日本の国は、インドから見れば遠く海を隔てた国であり人間の心は甚だ愚かである。昔から今に至るまで聖人の生まれた試しがない。まして釈尊の教えを学ぼうとする誠実な人は少ない。釈尊の説かれた真実の教えを得たいと言う気持ちを持たない人々に、釈尊の教えを示すとその教えが耳に逆らうために、自分の非を省みず、それを示した人を恨むのである。

真実を得たいと言う気持ちを起こし、仏道修行を実際に行い、その願望を持ち続けていく際には、自分のやっていることはなるべく知られない様に努力すべきである。まして自分からそれを口に出して自慢する必要はない。現代の人々は本当の事はどうでもいい、人から誉められるか誉められないかと言う事が気になる。自分の体で実際に実行する事もなく、真実が何かということがわからなくても、「あの人は行いも立派だ、仏道に対する理解も立派だ」と自分を誉めてくれる人を見つけ回っている。この様に実際はどうであるかと言う事を棚上げしてしまって、何とか人に褒められようと思って焦っている事は、迷いの中でさらに迷うと言うことである。この様な間違った考えは早いところ捨て去るがいい。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
「昔より聖人も生まれていない」と言われますが、道元禅師がお生まれになる前にすでに日本では、空海上人とか伝教大師、それから親鸞聖人と言う方が出ておられるわけでございますね。道元禅師はそういう方々をどう見ておられたんでしょうか。

先生
道元禅師は、平安時代の弘法大師とか伝教大使とかと言う方々の評価については「正法眼蔵弁道話」の中で、先代の方々、つまり平安朝時代の方々が仏道をどのくらい理解しておられたかというところで、「会せば通じてん」と言われた。理解しておられたら伝えたであろうと。だから弘法大師、あるいは伝教大使と言う方々は、仏教の哲学は伝えられた。哲学は伝えられたけれども、修行法と言うものを純粋な形で伝えられたかどうかということについては疑問を持っておられた。だから100%平安朝の方々を信頼しておられたかどうか、これはわからない。むしろかなり否定的な見解をもっておられてたんじゃないかと思われる。

それから、親鸞上人とはだいたい同時代の人で、親鸞上人と道元禅師が会われたかどうかということ、これは疑問になっておる。会われたという説もあるけれども、その根拠がどこにあるかと言うと必ずしもはっきりしていない。それから、日蓮上人は道元禅師よりもやや年下になります。だから、道元禅師が生きられた時代には日蓮上人はまだそう有名にはなっておられなかった。当時は書物の流布と言う様な事もあまり発達していないし、情報の伝達と言う様な事もそう十分ではなかったから、おそらく親鸞上人、日蓮上人なんかの存在についてはあまりご存じではなかったのが実情じゃないかと思われますがね。

   
ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
505:宗派の違い by 阿佐谷北 on 2016/01/29 at 23:12:45 (コメント編集)

>自分のやっていることはなるべく知られない様に努力すべきである。

知られることで困るような事態になる、修行の邪魔が入るということも確かにあり得ますね。

>むしろかなり否定的な見解をもっておられてたんじゃないかと思われる。

曹洞宗の寺院でも、真言をお称えする場合があるのではないでしょうか(寺院の中に真言陀羅尼が記載されているなど)。だとしますと、現代の曹洞宗サイドからは、真言宗や天台宗をどう見ているのでしょうか。自分としては生活の維持のための現世願望成就と坐禅行と掛け持ちのようなことにもなっておりまして、仏教宗派の関係がたいへん気になっている点であります。修行上、ぶつかる点もあるのでしょうか? ご存知のところをお教えください。

506:大雪 by 正田寿男 on 2016/01/29 at 23:18:27

ここのところの新潟の大雪の対応でブログを少し離れましたがようやく復帰出来、ブログにようやく追いつきました。またよろしくお願いします。
新潟も海岸部ではドカ雪に弱いんです。
24日、日曜日からドカ雪になり、最悪の月曜日の朝の通勤大渋滞を経験しました。前日から除雪車の出動がない中での道路状況は常軌を逸し、スリップ、雪の中に突っ込み、走行不能の連続で、耐えに耐えて朝6時半出発して通常20分のところ2時間かかって着いた店の駐車場も駐車出来る状態ではなく、まったくもって大変な1日の始まりで、なんとか回復するのにもう1日かかりました。

渋滞の通勤で、前の車がスリップして進まないのを何台かが横を通り過ぎ、私の車になって、どうぞゆっくり脱出して下さいと悠然と後ろで待っててあげましたら、なんとその車はスリップから脱出して走り出しました。
そうなんです。
こんなパニックな時だからこそ、優しさや思いやりや雄大さが最大の武器になるのです。
自分だけ良ければいいという行動や焦ったり怒ったりして取った行動は結果として最悪の状態として自分にまた戻って来るようです。

坐禅してたから辛抱出来たのかな、と思いました。

507:Re: 宗派の違い by 幽村芳春 on 2016/01/30 at 10:22:36

阿佐谷北サン、コメントありがとうございます。

自分のやっていることはなるべく知られない様に努力すべきである
。についてですが、私はこう思います。
道元禅師の時代にも仏教でお金や名誉を得るために、世間に対しては経済活動の宣伝していた傾向があったのではないでしょうか。
道元禅師は「仏道を習うというは自己を習うなり。自己を習うというは自己を忘るるなり。自己を忘るるというは、万法に証せらるるなり・・・・」と言われています。仏道は人に認められたいとか、お金になるからとか、そんなものではないと思います。

あるとき西嶋先生が「お寺さんは大変なんだよ、檀家さんに喜んでもらうためにはどうしたらいいかを色々と考えなくちゃならないからね。昔は生産性が低い時代だったからお坊さんにならないと中々仏道に生きることは難しかったけれど、今の時代は経済的に豊かな時代だから生きていくために生業をもって、そして仏道は仏道として学べることが出来る、本当に幸せな時代なんだよ」と言っていました。
先生はお坊さんでしたが、経済人として生業をもち仏道は仏道として実践され、私たちに仏道に生きるという事と仏教経営に生きるということは明確に違うと示されました。

508:Re: 大雪 by 幽村芳春 on 2016/01/30 at 10:56:25

正田さん、コメントありがとうございます。

雪、大変でしたね。いつも20分で着くのに2時間かかって着いたなんて・・・。
それでも出勤する人たち、辛抱強くて、責任感が強くて、すごい。
自宅で仕事をしている私はそういう経験はありません。大雪の中でも頑張って出勤し仕事をされる現役世代の人たちに「ありがとう」です。
それから、坐禅をしていると、直観が働きとっさの判断をしなければならない時に最良の行動がとれますよね。
スリップから脱出して走り出された方よかったですね。日本には昔から「お互い様」という習慣がありますよね。ボランチィアと言う言葉は難しくて私はよくわかりません。「お互い様」が好きです。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-