トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 洗浄 7

道元禅師の注釈は続きます。

我が師、天童如浄禅師が懇切な教誡の言葉を、その当時の中国で髪を長くし、爪を長くしている僧侶に与えた言葉に言うには、「頭をきれいに剃ると言う事を理解していない者は、俗人でもなく、僧侶でもない。それは畜類以外の何ものでもない。釈尊以来、仏道の真実を究められた方々は全て頭をきれいにしている。したがって、現在でも頭をきれいに剃っていない者はまさに畜生である」と。この様に多くの僧侶に対して教えを垂れたところが、長年頭を剃らないでいた人々で頭を剃った人が多かった。

また天童如浄禅師は、法堂に上がっての正式の説法の際にも、法堂以外のところで行う臨時の説法の際にも、指をはじいてやかましく音を出しながら叱った。「どのような主張が正しい理論かもわきまえず、やたらに髪を伸ばし爪を長くしていることは、哀れな事である。この人間の世界に生まれ合わせて、心がけ次第では仏道を勉強することのできる体であり、心でありながら、仏道に自分の身心をゆだねることをしないということは気の毒な話である。ここ、二、三百年来、釈尊の教えや達磨大師の教えが廃れたたために、髪を伸ばしたり爪を伸ばしたりしている僧侶が非常に多い。このような者が、寺院の主人となり、禅師とか大師とか国師という名前をもらって、その名前の下に自分の署名をし、たくさんの人に教えると言う外見を呈している。これらの事は、人々になんら幸いをもたらさない。中国のさまざまの地方にある寺院においては、真実を得たいという気持ちを持っている者がまったくいない。真実を得たと言う人物が、非常に長い期間にわたって絶えてしまっている。ただただ仏道を破り、仏道から墜落してしまった人々のみである」と。

この様に天童如浄禅師が沢山の僧侶を前に説法されたけれども、諸地方から集まってきた長老と呼ばれている長年の経験を持った僧侶たちも、この天童如浄禅師の痛烈な批判を、恨むこともなく言い訳をすることもなくおとなしく聞いていた。明確に知らなければならない。髪を長く伸ばすという事は、釈尊の戒められたところである。爪を長くするということは、外道(釈尊の教え以外の教えを信じている人)のやることである。したがって釈尊の弟子である者は、これらの誤ったやり方というものを好んではならない。体や心を浄くする事に心がけ、爪を切り髪を短くする事を一所懸命やるべきである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
釈尊の仏像を拝見しますと、ほとんど螺髪の姿が多いと言う記憶がありますので、私はこの際の浄髪と言うのは、剃髪ではなくて、頭の毛をよく整えなさいという意味もあるんじゃないかと。

先生
ただ道元禅師のご趣旨は、どうも頭を剃ることのようですね。他の部分なんかから推察しますと。

質問
すると、どこまでも道元禅師の師である天童如浄禅師の言われた浄髪は、やはり剃髪と解釈するのが穏当だと。

先生
だと思います。ですから道元禅師が中国に行かれた時に、おそらく髪を長くしていて、しかも僧侶であった人々がかなりいたんだと思いますね。それに対して剃ることを勧めたと、こういうことじゃないかと思いますね。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


     
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-