トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 洗浄 6

道元禅師の注釈は続きます。

十本の指の爪を切る必用がある、十本の指と言うのは、左右両方の手の指の爪をいうのである。足の指の爪も切るべきである。「足の爪、手の爪が、麦の一粒の幅よりも長い状態になったならば、宗教上非難される行為となる」と経典に記されている。

したがって、爪を長くしてはならない。爪が長いということは、外道(釈尊の教え以外の教えを信じる人々)のやったところである。しかるに現在の大宋国の僧侶の間でも、仏道を学ぶ上の見識が具わっていない人々は爪を長くしている人が多かった。ある人は一寸、二寸ある人は三、四寸に長くしている人もある。これは釈尊の教え(宇宙秩序)に背き、釈尊のの説かれた教えにのっとった体、心と言うものではない。仏教徒でありながら、昔の教えを十分に勉強することが足りないためにこのようである。しかしながら中国においても、仏道がよくわかっている長年の修行者は爪を長くしている人はいなかった。

また別に、髪を長く伸ばしている人々がいる。これも釈尊の教え(宇宙秩序)に背く。大国であり文明国でもある中国の僧侶がやっている事だからと言って、何でも釈尊の教えに適うものであろうと考え違いをしてはならない。

※西嶋先生解説 
釈尊の教えというのは、高尚な霞を食って生きるような抽象的な教えではなかった。日常生活において、爪をきりなさい、爪を汚くしていてはいけませんよ、と言う様な教えも含まれていた。そう言う事の中に、釈尊の教えのかなり重要な部分があったということは、古い経典にこういう教えが残されているという事でかなりはっきりする。



         ―西嶋先生の話―

先日、21歳になるイスラエルの青年と27歳のイギリスの青年が電話をかけてきて、坐禅のやり方を教えてくれと言うから教えてあげたのであるが、その時聞いた話で、東京の都市と言うのは実にいいと二人が一所懸命誉めてくれた。なぜいいかと言うと、イスラエルの都市でもロンドンでも、生命の危機を感じないで街を歩くことが出来ないと、そういうことをしきりに言っておった。数年前にはロンドン辺りでそんなことはなかったのであるが、現在では都市の治安状態と言うのはかなり悪いらしい。東京ぐらい安心して歩ける都市はないと言って喜んでおった。

我々は普段東京にいるわけだから、他の国がそれほどだという感じを持たなかったけれども、そういう人の話を聞いてみると、諸外国の治安状況と言うものは年々悪くなってきているんではないかと言う感じを持たざるを得ない。そのことはどういうことかが原因かと言うと、一番単純に考えれば、人間の気持ちが落ち着かなくなったということにあるんではないか。何か不安におびえて、安心して生活していられないという傾向がだんだん出てきておるんではないかということ。

その点では、それぞれの国と国とが対立して、お互いに自分たちの考え方がいいんだということで論争しておるわけだけれども、解決しないままだんだんそれが先鋭化していくという事が世界的にあるんではないかと言う気がする。我々が坐禅をやったり仏教を勉強したりしているのは、世界のそういう事情と大いに関係がある。仏教と言うのはどういう考え方かと言うと、右の考え方も正しくない、左の考え方も正しくないと言う主張を中心に持っている。もうちょっとお互いの国が考え方を現実的にすれば、つまり我々が生きている日常生活と言うものをよく見て、日常生活がどうなっているか知ったうえで、それを基礎にしてものを考え、行動するならば、もう少し歩み寄りが可能ではないかと言う問題がある。


読んでいただきありがとうございます。


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-