トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 洗浄 4

大比丘三千威儀経に言う。

体を浄めるとは、肛門や尿道口を洗い、十本の指の爪を切ることである。

道元禅師の注釈です。
体も心も本来汚れのないものではあるけれども、さらに体を洗うやり方と言うものがあり、それによって心を洗うというやり方がある。そして、ただ体や心を浄めるというだけではなしに、広く国土を浄めることもある。国土は未だかつて、塵にまみれ汚れに染まった事はないけれども、そういうきれいなところでもさらにこれを浄めるということが真実を得られた方々の願いである。

そしてこの願いは人が真実を体得して後も、なお衰えずに廃絶されることがない。この汚れを避けるということ、浄めるということの基本的な思想と言うものは、日常生活に様々の形であることであって、それらを全部拾い上げて考えつくすことは到底できない。法(宇宙秩序)に従って行動する事が仏教思想の根本である。真実を体得したということは、とりもなおさず法(宇宙秩序)に適った動作をすることに他ならない。

※西嶋先生解説
真実を得たということはどういうことかと言えば、きちっと履物を脱ぐことであり、手洗いに行ったら手をきれいに洗うことであり、手洗いに入りながら煙草を吸わないことであり、と言う風な事になるわけ。手洗いに行くと、煙草が美味しいと見えて、よく手洗いの中でタバコを吸う人がおるらしい。事実そういう風景をよく見る。だけれども、そういうことは仏道との関係では必ずしも好ましくない。仏道と言うのは、一つの時間には一つの事をやるという原則がある。だから煙草を吸いながら手洗いの用を足すということは、決してほめられた話ではない。手洗いの用を足している時には、一所懸命それだけをやればいい。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
質問
自律神経のバランスがわかる前、坐禅の効用は何だったんですか。

先生
「等」とか「定」とかと言う言葉で、やっぱり気持ちの落ち着きと言う風なもの。

質問
それはもうだいぶ前から・・・。

先生
そうそう。鎌倉時代にもすでに言われておったし、それ以前からずっと言われてきたこと。経典にもしきりに出てくるわけですね。

質問
自律神経が一番いい状態と言うのは、適度な緊張感という・・・。

先生
それがありますね。だから緊張し過ぎているのは、必ずしもノ-マルな状態ではない。だからその点では、沢木老師がよく言っておられた言葉に――いまは柔道と言うのは、講道館と、京都の武徳殿が中心になって、だいたい講道館の柔道に統一されているわけですが、明治維新以前は自然流とか起倒流とか、それぞれ武道としての柔術があったわけですよね。その一つの流派の極意に「中ほどの自由自在」と言う言葉があるそうです。で、仏道のねらいと言うのは、中ほどの自由自在だと。だからあんまり緊張し過ぎてコチコチになっておっても、柔道の力は出てこないし、そうかといってデレッとしていれば首を締められちゃう。そうすると、緊張もほどほどに、心の余裕もほどほどにと言うのが極意だと、そういうふうな主張があるわけですけどね。

これは人間のあり方として非常に大切な事だと思うんです。もうコチンコチンに固まってしまったならば、体の自由は効かなくなってしまう。そうかといって気を抜いておれば、それではうまくいかない。そうするとホドホドの緊張ということが人生における極意だということにもなろうかと思うんですね。

質問
ただいまの柔道の極意――適当な緊張と弛緩、これはもう少し伺いますと、どういうことになりますか。

先生
それはどういうことかと言えば、坐禅している時の状態と言う風に言えば、実物そのものですわな。坐禅をしている時というのは、そうコチンコチンに緊張しきっていると言う様な事でもないし、そうかといって、たるんで寝転んでテレビを見ているのと同じかと言うと、中々そうではないということが一つの例ですわな。

だから仏教と言うものを理屈で考えてやっていっても意味がないということは言える。坐禅をやって、実際にそういう境地に入り込んでしまえば、何の理屈も必要ないし、まさに仏道の境地の中に自分自身を置くことが出来るわけですよ。だからそういう点で道元禅師が「只管打坐」と言われたのは、そういう意味。だからそういう点では、実際に自分がその中に入り込んでしまうという事、そのために坐禅があるんだと、そういう風な理解の仕方で間違いないと思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-