トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 弁道話 31

十八問答は続きます。

質問-17
インドや中国の古今の様々な話を聞いてみるに、中国の香厳智閑禅師は、竹の音を聞いて仏道がわかった。霊雲志勤禅師は、花の咲き乱れている情景を見て釈尊の教えが何であるかに気がついた。まして釈尊は、ある朝、坐禅をしていて、明けの明星が西の空に輝いていたのをふと目にされた時に、自分自身も自分を乗せている大地も、またその大地に生きている草や木も、鳥も、獣も一切が真実を得た。一切が仏になった。つまりこの世界がいかに素晴らしいかと言う事に気がついた。 阿難尊者は、寺院標式の竿が倒れた瞬間に釈尊の教えの何であるかという事に気がついた。六祖大鑑慧能禅師以後、臨済・潙仰・曹洞・雲門・法眼の五宗の間では、ほんの僅かな言葉を聞いた瞬間に釈尊の教えの何たるかを悟ったという例が多いけれども、これらの人々の全部が全部、坐禅の修行をして仏道を明らかにした人々ばかりでしょうか。


昔から今日に至るまで、物質的な外界の世界を見る事によって仏道とは何かという事をはっきり把んだ例や、様々な外界の音を聞いて釈尊の教えを理解した人も沢山いるけれども、そういう人々に共通して言える事は、釈尊の教えを求める事において頭の中で色々と考えていなかったし、もう一人の自分と言うものが、現在の瞬間においていないということを知らなければならない。
     
西嶋先生解説
坐禅と言うのは、直下に第二人なし(もう一人の自分と言うものが、現在の瞬間においていない)状態に自分を持って行く修行とみて間違いない。だから、この質問に対する答えとしても、確かに坐禅をやった人ばかりではないけれども、仏道の真実を窮めた人々に共通して言えることは、もう一人の自分と言うものが現在の瞬間においていない、素直に自分自身の本音が出てくるというのが仏。別の言葉でいえば「まじめ」であるということも仏と同じ意味。「まじめ」と言うのは、今日、漢字で書くと、真の面と書く。真の面と言うのは仏教用語で、坐禅によって得られるものが真の面、本当の自分自身ということ。

今日は、思想的にかなり仏道から離れておるから、まじめであるということは大体軽蔑の対象になっている。「まじめ人間」と言う言葉があって、まじめ人間と言うのは、少しうすのろで、融通の利かない人間ということになっている。だけれども、まじめぐらい望ましいことはない。人間、まじめぐらい望ましいことはない。自分自身の本質と言うものが素直に出ていて、滞りなく、せっせ、せっせと日常生活がやれるということが、まじめということ。真の面目、本来の面目ということが、真面目ということの意味であります。

だから、仏道修行をやる人は、何とかしてまじめになりたいと思って、一所懸命やっているわけだ。ところが、まじめになるという事は中々難しい事で、人に「あいつはまじめ人間だ」と言って笑われるのが嫌だから、少し不真面目になっていよう、自分を偽って、少し程度を落として生きていこうという事も、人間の配慮としてはありがちな事。そういうつまらん配慮をしているうちは仏道修行という事はない。もっと真実に目覚めて、一所懸命くそまじめに、がつがつと一所懸命日常生活を送っていくということが仏道修行。だからそういう点では、いわゆるまじめ人間になるということが仏道修行の狙いだとみて間違いない。

やっぱり世間そのものも、真面目であるということに価値があるという事が見直される時代が当然来なければならない。仏教と言うものが盛んになっていけば、各人各人一人一人が真面目になりたいと思う。本当の自分と言うものを発揮して生きたいと思うようになる。だからそういう点では、まじめになるという事が軽蔑されている時代と言うものは、必ずしも仏道が盛んな時代とは言えないという事が言えようかと思うわけであります。



          ―西嶋先生にある人が質問した― 
                                 --つづき

日本の国が戦争を始めたのも、国内問題がうまくけりがつかないというところから戦争が起こっているんだし、アメリカにしても、イギリスにしても、日本をなぜいじめたかと言うと、それぞれの国内事情があって、他の国をいじめることによって、自分の国の内部をうまく治めるというふうな、各国の利害関係が衝突して戦争と言うものが起きている。そうすると、戦争というものが単に抽象的に国家と国家が争うということだけではなしに、国内がうまく治まるということ、個人個人の生活がうまく流れていくということ、そういう日常生活のきわめて具体的な問題が第三番目の問題として必ず出てくる。平和問題と言うのは、単に国と国とが戦争しないということだけじゃなくて、各国の社会情勢がうまくいっているか、いないかということとかなり関係がある。

そうすると、国内の個別問題、階級的にあまり貧富の差が酷くなりすぎると、国内の不満と言うのはどうしても出てくる。そうすると、金持ちもほどほどに自分の財産と言うものについての管理をしなきゃならんし、なるべく貧富の差と言うものが平均化されて、誰でもが楽しんで生活できるという形も各国がそれぞれ研究していかなきゃならん。だから、戦争を防ぐということのためには、失業問題の解決がかなり大事な問題。あるいは物価を抑制してインフレを防ぐということもかなり大切な問題。インフレが進むと国民生活が苦しくなるから、その国民生活の苦しくなったはけ口を戦争に求めると言う様な事は、過去の例ではいくらでもあるわけです。そうすると、戦争が起きる起きないと言う様な事も、かなり具体的な個々人の実情と密接な関係がある。そういう点で、具体的に問題を解決する必要があるというのが第三番目の段階(滅諦)。

そして第四番目の段階(道諦)が、アメリカにはアメリカの原理があり、ソ連にはソ連の原理がある。両方の原理が食い違っておるから、「俺の方が正しい」「俺の方が正しい」ということで、お互いに譲り合わない。そうすると、どっかで「じゃ、力で決めましょう」という事になる。それは暴力団と同じで、「どこどこに集まって、やろうじゃないか」と言う事になるわけです。最近では、中学生とか高校生もそういうことをやるらしい。問題の解決、意見の食い違いの解決の一番手っ取り早い、従来行われてきた解決方法と言うのは、暴力による解決。戦争と言うのもそれの規模の大きいものに過ぎない。

戦争が起きるということの一つの大きな原因は、ものの考え方の食い違い。だから今日、アメリカが持っている考え方と、ソ連が持っている考え方と、両方を包み込んで、両方に納得させるような考え方があれば、戦争を防ぐという非常に大きな原因になると思う。人類も非常に智恵が発達してきたんだから、この辺でお互いに共通の正しい考え方と言うものを発見して、「なるほどこういう考え方でいけば、無理に戦争しなくても済みますなあ」と言う思想を身につければ、そのことが戦争を防ぐということの非常に大きな原因になろうかと思う。だからそういう点では、第四番目の段階としては、共通の原理を発見するということ。アメリカとソ連が共通に信じ得るところの原理を発見するということ、これも大切なことだと思う。それが第四番目の段階。

最初からもう一度言うと、第一番目の段階(苦諦)として、平和ということが望ましいということを腹の底から感じるという事。ただそう考えているだけでは問題の解決にならない。だから今日各国が軍備がどの程度進んで、現実がどうなっておるかということの勉強、これも大切な事。武器がどの程度進んで、もし仮に戦争があれば人類の滅亡につながると言うふうなな危険性をはらんでおるという事もよく知る必要がある。それが第二番目の段階(集諦)それから第三番目の段階(滅諦)では、戦争と言うのは個々人の日常生活をどう送るかという事と非常に密接な関係がある。国の政治がどう行われるか、国の経済がどう行われるか、という事と密接な関係がある。だからそういう点では、国家内の秩序がうまく保てるという事、これも非常に大切な事。四番目の段階(道諦)としては、世界の誰もが信じることの出来る共通の原理を人類が発見するということ、これも大切な事だと思う。

そういうふうな四段階のそれぞれを進めていく事によって、平和と言うものが確保できるかどうかというのが、これからの人類の抱えておる課題。私はそう楽観的に、戦争と言うものは防ぎ得るというふうに、今確信は持てない。非常に難しい問題、ただそれと同時に、いま言ったような四つの段階のそれぞれがうまくいけば、あるいは防げるかもしれないという儚い夢はあるわけだ。その儚い夢に向かって我々が努力するというのが現在の段階で、一回戦、二回戦があったんだから、三回戦もあるかもしれないという恐れは多分にある、世界の流れを見ていけば。

過去の事はそれぞれの見解があると思うけれども、今後どうしなきゃならんかという事になると、単純に「平和だ、平和だ」と言う様な事を声を大にして怒鳴っているだけでは問題の解決にはならんという事は非常にはっきり言えるのではないか、と言う気がするわけです。多少生臭い方にいきましたけれども、私はそういうふうに問題を考えております。
               
                ―1978年7月20日の講義より―
※私の独り言。
西嶋先生は80才を過ぎてからも、欧州やイスラエル、南米、韓国などを訪問。仏教思想の普及のため坐禅のやり方や仏道についての講演をされました。


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事していた愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-