トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 弁道話 12

道元禅師の弁道話は続きます。

この様な理由から、たった一人の人が僅かな時間にやる坐禅であろうとも、宇宙の一切と一体になり、諸々の時間と円満に通じているので、この無限の宇宙の中で、過去、現在、未来に亘り、常に絶えることのない永遠に続くところの釈尊の教化を行い、釈尊の教えを実際に自分の行動として行うのである。

あの人のやる坐禅も、この人がやる坐禅も、一人一人の坐禅が、いずれも全く同じように釈尊と同じ修行をすることであり、釈尊と同じ体験をすることである。ただ坐禅をしている時だけがそういう状態になるのではない。坐禅が終わった後でも、坐禅をした時の影響と言うものが、鐘の音がご-んと響きつづけるのと同じ様に長く続く。そしてさらに、今述べたこの場所だけの問題に尽きるものではない。この世の中にあるあらゆる事物が、いずれも本来の姿を現し、机は机らしく、柱は柱らしく、畳は畳らしく本来の作用を発揮しているのであって、その実体と言うもを想像してみても、単に頭の中だけで考えようとしても考え切れるものではない。

銘記せよ。
この世の中における無数の真実を得た方々が力を合わせて釈尊と同じような智慧を持って、たった一人の人が坐禅をしている時の効果とはどういうものであろうかと想像しようとしても、それは出来るものではない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
臨済系の方の道元禅師への批判を見ると、道元禅師は禅宗に本来本質的に具わっている(風狂)と言うものが理解できなかったんじゃないかと言っていますけれども、道元禅師は風狂と言うものが禅にとって本質的なもの、あるいは必要なものだという風に考えられたんでしょうか。

先生
そういうものは全然考えておられなかったでしょうね。

質問
そうすると、一休禅師の生き方なんていうものは、道元禅師は全然理解できなかったと。

先生
ええ。一休禅師の生き方が本当の仏道かどうか、むしろ疑問だと言えると思う。

質問
「臨済録」に普化という有名な気違いじゃないかと思う様な坊さんが出て来るんですが、ああいうものに対して、臨済禅を批判しようなんて言うのは、やっぱりそういう狂の面を全然受け入れなかったという点にあるわけなんですか。

先生
普化禅師についての批判はちょっと見かけなかったと思いますが、しかし臨済禅師とか、徳山宣艦禅師に対しては、「荒々しいことばかりやって、本当の事がまだよくわかっておらん面がある」というふうな批評はされておりますね。だから、風狂と言う様なものについても、例えば狂っておれば人生問題の解決にはならんということ。だから風変わりな事をやっていて、世間並から外れたことをやって、「これが仏道だ」と言う考え方は、釈尊の教ではない、と言う理解の仕方をされておったと思いますね。

だから風狂と言う様な事については、全然問題にしておられなかった、取り上げられなかったという事が言えると思います。もっとそれよりも、人間の本質に根ざして、「どういう生き方が本当か、どういう生き方をしなきゃならんか」と言うふうな基本問題を追及されたということです。よく中国の仏教関係では、棒で殴ったとか、「喝」と言ってどなったとか、そういう様な事がありますけれども、それにはそれなりの意味があるという程度の事しか道元禅師は説いておられない。

「正法眼蔵」の中でそういうふうな例話がいろいろ出てきますけれども、基本的な考え方は、ちゃんとそういう問答も理論があって理解できるものだのだと。だからそういう何もかも理解を超越したでたらめな事をやって、それが仏道だというふうな事は非常に理解の仕方が青臭い、ということをあっちこっちで言っておられますね。そういう関係だと思います。

※私の独り言。
昨夜は来客があり一緒に食事をしました。このブログを毎日読んでくださり、坐禅も毎日している方々です。いろいろ話は尽きなく楽しい時を過ごしました。


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています、クリックして応援していただけると有り難いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

  
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
467:管理人のみ閲覧できます by on 2015/07/24 at 00:43:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

468:Re: 結跏趺坐 by 幽村芳春 on 2015/07/24 at 14:23:15

先日は久しぶりに、お二人とお話しできて楽しい時を過ごす事が出来ました。あれからなかよし兄弟の方はどうなりましたか?親の介護、遠くに離れているといろいろ大変ですね。
ところで同じ坐禅でも結跏趺坐の方が濃密で充実していて爽快だといわれますが、全くその通りですよね。それから、坐禅の後に足首を手で右回し、左回しをしているとだんだんと足首が柔らくなり坐るのも楽になると思います。
沢木老師の話は西嶋先生からよくお聞きしました。「天地一杯」いつも言っておられたそうです。また二人で遊びに来てくださいね。そのとき沢木老師のお話もしましょう。
連日うだるような暑さです。くれぐれもご自愛ください。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

フリーエリア

ブログ名を「坐禅と暮らし」から 「正法眼蔵=坐禅」に変えました。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

FC2カウンタ-