トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

坐禅との出会い

私は58歳、夫と小さな店をやっています。毎日朝晩坐禅をする事が習慣になっています。 
  
どうして毎日坐禅をするようになったかと言うと、今から十年前に市立図書館で西嶋和夫先生の「正法眼蔵提唱録]という本に出合ったからです。それまで読んだ仏教の本と違い「やっと釈尊の教えにたどり着いた」と言う喜びでいっぱいになりました。三年半ぐらい毎日坐禅をしながら提唱録を読み終えました。そこで先生にお手紙をだしました。それからは時々先生を訪ねて、わからない事を質問しています。これからも、坐禅と正法眼蔵を頼りに毎日を暮らしていきます。 


読んでいただきありがとうございます。


               
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
281:管理人のみ閲覧できます by on 2013/06/06 at 08:54:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

283:Re: m-t.1004.1427@ezweb.ne.jp by UFO on 2013/06/07 at 22:13:49

るのさんコメントありがとうございます。
「正法眼蔵提唱禄」は西嶋先生が自著である「現代語訳正法眼蔵」を溝本とされて、坐禅と正法眼蔵参究の会で
講義(提唱)をされた速記録を編纂したものです。
下記にてお求めになれます。
私は電話で注文して全巻そろえました。

正法眼蔵提唱禄  著者―西嶋和夫  
         発行所-仏教社  
         発行―金沢文庫 東京都新宿区市ケ谷木村町1番1号
                 電話03(3235)7060


≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-