トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2008年06月のエントリー一覧

  • 坐禅と携帯電話

    私はもともと電話が好きではありませんでした。電話がかかってくるとどんな時でも出ないといられない性分です。だから今度は自分が電話をかける時、相手方がどんな状態なのかと考えるとついつい億劫になってしまいました。ましてや自宅付店舗の為あまり出かける必要がありませんから、固定電話だけで用が足りています。さらに、坐禅をするようになったら、本当に出かけなければならない外出というものはあまりなくなりました。毎日...

  • 坐禅と行い

    お釈迦様は最初に弟子たちにこの現実の世界を四諦の教え(苦 集 滅 道)で説かれました。この教えは非常に難しく考えられ多くの人が色々な本を書いていますが、私にはよく解りませんでした。幸いに西嶋先生の本に出会う事ができ、また先生の提唱で私なりにわかりました。まず苦諦は、頭で色々と考えた内容に意味や基準・価値を大事にする考え方で「こうしたい、ああしたい」という願い、理想を求める考え方。心を大切にする考え...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-