トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2008年05月のエントリー一覧

  • 坐禅と生活

    私の一日は、まず起床・洗顔をして身なりを整えます。次に30分間、朝の坐禅をします。何も考えないで、手を組み足を組み背骨を伸ばしてじっと坐っていると 車の音・登校する子供たちの声・鳥の鳴き声・雨の音・風の気配、等々普段あまり気にしてない事に気付きます。ところが坐っていても、何か考え事をしていると考え事に捕らえられ何も聞こえてきません。「何も考えないでいられる事が、いかに難しい事であるか」と坐禅をして感...

  • 坐禅と病気

    私は坐禅を始めて、いつのころか病気になるような気がしなくなりました。理由はわかりません。ただ毎日坐禅をしていると、自然と規則正しい生活になります。そのせいかもしれません。また好ましくない習慣から簡単に抜け出すことができる様になりました。そのせいかもしれません。「病気になるのではないか」とか「自分が気が付かないうちに病気になってしまうのではないか」とかそう言う不安な気持ちはありませんせん。もちろん生...

  • 坐禅って何

    坐禅は、インドからお釈迦様の教えが達磨さまによって中国に伝わり、中国の天童如淨禅師が道元禅師に伝へ、道元禅師によって鎌倉時代に日本に伝わりました。そして私が「西嶋先生の正法眼蔵提唱録」を読み坐禅をした事によって、私にまで伝わりました。坐禅は足を組み手を組んで腰の骨、背骨、頸の骨を立てじっと坐っていることです。体が整ってくると心も整ってきてとってもリlラックスできます。正法眼蔵では「悟りは一所懸命坐...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-