FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:55・法性のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 法性 11

    馬祖道一禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。馬祖禅師が「生きとし生けるものは宇宙の本質という境涯の中に安住して、宇宙の本質と一体になった境地の中に安住して、それから決して出ないものである」と言われているしかしその宇宙の本質というものが、生き生きと動き回っている生きとし生けるものの境地から抜け出すはずがない。宇宙の本質というものは、生きとし生けるものの中に存在し、生きとし生けるものの具体的な...

  • 正法眼蔵 法性 10

    馬祖道一禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。 馬祖禅師が「この我々の住んでいる世界というものは、そのすべてが宇宙の本質である」と言われたけれども、その言葉はまさに八、九分通り完成された素晴らしい言葉ではあるが、馬祖禅師としても、まだまだ十分に言い足りているとは言えないし言い残された言葉も多い。 たとえば、 ○すべての宇宙の本質というものが、宇宙の本質から飛び出していない。○すべての宇宙の本質と...

  • 正法眼蔵 法性 9

    馬祖道一禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。 釈尊が法華経の中で「我々の住んでいる世界は、我々が見た、我々の目の前にあるところの本質そのままである」と言われた。春になると花が咲く、秋になると葉が散っていくというごく自然な姿というものがというものが、現実の本質というものに他ならない。ところが愚かな人々は、法性(宇宙の本質)とは途轍もなく崇高なもので、人間の世界とは別格のものであり、春に花が咲い...

  • 正法眼蔵 法性 8

    馬祖道一禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。 仮に自分は宇宙の本質(法性)とは関係ないと考えながら行う談話や応対や行為のいずれも、宇宙の本質から外れたものではないということが言える。無限の過去から続いている太陽や月というものも、宇宙の本質が瞬間瞬間に移り変わっていく様子と別のものではない。与えられた時間の中で、現在が未来に移り、また未来が現在になるという形で時間が瞬間瞬間に移り変わって行く...

  • 正法眼蔵 法性 7

    馬祖道一禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。 ここで馬祖禅師が述べた言葉は、過去において真実を得られた沢山の方々によって次から次へと受け継がれ、さかのぼれば釈尊の時代にまでさかのぼり、また代々の祖師方によって伝承され馬祖禅師の代まで到達したものである。その様子とは代々の真実を得られた方々や祖師方によって伝承され、師匠の手から弟子の手へと次々と伝えられ、宇宙の本質と同じ境地にたって正しく伝え...

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
夫婦で店を始めて43年。生活=仕事。毎日朝晩自宅で坐禅をし、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」を授かりました。     

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

FC2カウンタ-