トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:40・道得のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 道得 14

    雪峰義存禅師と庵の主人である僧侶の説話について道元禅師の注釈は続きます。銘記せよ。雪峰義存禅師は庵の主人がはたして力量があるかどうかを実際に検討したのであるし、また庵の主人は雪峰義存禅師に直接お目にかかった。そして真実を言い得たか、真実を言い得なかったか、その辺は問題外として、具体的に庵の主人は雪峰義存禅師によって頭の髪を剃られたし、雪峰義存禅師は庵の主人の頭の髪を剃ったのである。この様な雪峰義存...

  • 正法眼蔵 道得 13

    雪峰義存禅師と庵の主人である僧侶の説話について道元禅師の注釈は続きます。庵の主人もすでに真実を十分わが身に体得していたところから、雪峰義存禅師の言われた言葉に助けられ茫然とせずに済んだのである。すなわち庵の主人は、仏教徒の仕来り通りに頭を洗って雪峰義存禅師の前に現れたのである。この庵の主人の態度は、釈尊ご自身の智慧と言えども至り得ないほどの優れた真実のやり方であって、まさに仏がその現実の姿を現した...

  • 正法眼蔵 道得 12

    雪峰義存禅師と庵の主人である僧侶との説話について道元禅師が注釈されます。雪峰義存禅師と庵の主人である僧侶との説話は、まさに3000年に一度咲くと言われている優曇華の花が咲いたと同じ様な非常に珍しい優れた出来事である。この様な場面には中々出会う事が出来ないだけではなしに、単に話を聞くだけでも中々難しいところであろう。それは七聖や十聖とかと言われるような修行段階の人々の境地と同じではなく、三賢とか七賢とか...

  • 正法眼蔵 道得 11

    この様な事があってから何日かを経過したある日、雪峰義存禅師は侍者に剃刀を持たせ、雪峰山の近くに庵をつくって住んでいる僧侶のところへあわただしく出かけたが、すぐに庵に到着した。そしてちらっと庵の主人を眺めたが早速に雪峰義存禅師は質問して言う。もし仏道に関連した真実を述べる事が出来るならば、お前の頭を剃らないでおこう。この質問に関しては十分に承知しておかなければならないことがある。「もし仏道に関連した...

  • 正法眼蔵 道得 10

    雪峰義存禅師の教団に一人の僧がいて、雪峰山の近くに行って粗末な材料で庵をつくって住んでいた。出家後長年月を経たにもかかわらず、頭を剃って僧侶の形をとるという事をしなかった。庵での生活がどんなであったかは誰も知らなかったが、その日常生活は充実したものであったであろうし、また孤独な寂しいものでもあったであろう。自分自身で一本の木の柄杓をつくり、谷川まで行って水を汲んで暮らしていた。その質素な生活という...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名 幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-