FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:36・栢樹子のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 栢樹子 19

    趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。それは趙州禅師以外の人の見る事の出来ない境地である。趙州禅師には趙州禅師としての独自の境地があり、その趙州禅師の独自の境地における空間というものがここでは説かれているのである。そして、空間が地面に落ちると言われているけれども、その地面もまた凡人とか聖者とかの区別した考え方で人間を二通りに分けた境地での地面と言う事ではなくて、また別個の地面が...

  • 正法眼蔵 栢樹子 18

    趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。ここで趙州禅師が「空間が地面に落ちる時に柏樹子の木は仏になる」と言われているけれども、趙州禅師は決して起こりえない事を言っているわけではない。自分自身の状態が仏の状態になって、庭先の柏樹子の木が生き生きとした仏として見える様な時には、その度に我々の住んでいる空間そのものが様子を一変させているのである。その様な形で我々の住んでいる世界が一変す...

  • 正法眼蔵 栢樹子 17

    趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。ここで趙州禅師が言われている「栢樹子の木にも仏としての性質がある」という言葉の意味は、栢樹子の木が栢樹木の木として生き生きと現実にあるかどうかという事を言っているのであり、仏としての性質が生き生きとして栢樹子の木の中に内在しているかどうかと言っているのである。※西嶋先生解説   その様な栢樹子の木の生き生きとしたあり方と言うものは、見...

  • 正法眼蔵 栢樹子 16

    趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。趙州禅師がが「栢樹子の木が仏になるのは空間が地面に落ちる時だ」と言われているが、栢樹子の木と空間と一体何の関係があるのか。栢樹子の木が持っている性質と空間とは共通の性格を必ず持っているのかどうか。栢樹子の木がこの宇宙に存在している様子と言うものは、空間というものと同一の性質があると考えた場合、仏道修行の最初の境地なのか、仏道修行が済んだ最終...

  • 正法眼蔵 拍樹子 15

    趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。僧侶の質問に対して趙州禅師が「仏としての性質が柏樹子の木にはある」と言われているが、その言葉の意味は柏樹子の木も現にこの世界に実在しているし、仏としての性質もこの世界に実在していると言う意味である。この言葉を十分に理解して、釈尊以来綿々と説かれて来たところの最も大切なところを十分に理解すべきである。この様な趙州禅師の言葉と言うものは、普通で...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-