トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:7・洗浄のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 洗浄 8

    まだ「洗浄」の巻は続くのですが、これから先は寺院生活での用の足し方の作法等が述べられています。管理人は寺院で暮らす僧侶ではないのでこれ以降は省略します。           「正法眼蔵洗浄」           1239年旧暦10月23日           観音導利興聖宝林寺において衆僧に説示した。          ※西嶋先生解説「洗浄の巻」全文で、この様に道元禅師は、仏教の教え、釈尊の教えと言うもの...

  • 正法眼蔵 洗浄 7

    道元禅師の注釈は続きます。我が師、天童如浄禅師が懇切な教誡の言葉を、その当時の中国で髪を長くし、爪を長くしている僧侶に与えた言葉に言うには、「頭をきれいに剃ると言う事を理解していない者は、俗人でもなく、僧侶でもない。それは畜類以外の何ものでもない。釈尊以来、仏道の真実を究められた方々は全て頭をきれいにしている。したがって、現在でも頭をきれいに剃っていない者はまさに畜生である」と。この様に多くの僧侶...

  • 正法眼蔵 洗浄 6

    道元禅師の注釈は続きます。十本の指の爪を切る必用がある、十本の指と言うのは、左右両方の手の指の爪をいうのである。足の指の爪も切るべきである。「足の爪、手の爪が、麦の一粒の幅よりも長い状態になったならば、宗教上非難される行為となる」と経典に記されている。したがって、爪を長くしてはならない。爪が長いということは、外道(釈尊の教え以外の教えを信じる人々)のやったところである。しかるに現在の大宋国の僧侶の間...

  • 正法眼蔵 洗浄 5

    華厳経の浄行品に言う。大小の手洗いの用を足す際には、人々が汚れを取り除いて、貪(むさぼり)や、瞋(怒り)や、痴(愚かさ)という人間の弱点と言うものを持たない様にと願うべきである。また手洗いの用を終わって水で手を洗う際には、人々が最高の教えに向い、社会の規範を乗り越えた真実の教えを得ることを願うべきである。また水によって汚れを取り除いたならば、人々が落ち着いた気持ちで何事にも耐え忍ぶ力を具え、完全に汚れ...

  • 正法眼蔵 洗浄 4

    大比丘三千威儀経に言う。体を浄めるとは、肛門や尿道口を洗い、十本の指の爪を切ることである。道元禅師の注釈です。体も心も本来汚れのないものではあるけれども、さらに体を洗うやり方と言うものがあり、それによって心を洗うというやり方がある。そして、ただ体や心を浄めるというだけではなしに、広く国土を浄めることもある。国土は未だかつて、塵にまみれ汚れに染まった事はないけれども、そういうきれいなところでもさらに...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事していた愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-