トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:23・行仏威儀のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 行仏威儀 51

    この様な宇宙が真実を説いていると言う考え方からするならば、三世諸仏(過去・現在・未来と言う永遠の時間の中で真実を得られた方々)は、過去・現在・未来のあらゆる時間において、宇宙によって教えられているのである。三世諸仏は過去・現在・未来のあらゆる時間において、真実そのものによって教えられているのである。三世諸仏は過去・現在・未来のあらゆる時間において、自分自身によって教えられているのである。我々の日常生...

  • 正法眼蔵 行仏威儀 50

    我々は仏道修行を一所懸命やっているのであるが、圜悟克勤禅師の様に、この天地が非常に激しい炎となって燃え盛っていると言う実感までは得られないかもしれないとしても、疑いもなく我々は大きな天空の下で日常生活を送っているのであるから、その天空の下で行われている我々の個々の生活と言うものは、はっきり自分たちの領分として持ち続けている。そしてまた自分以外の人々、あるいは自分を包んでいる客観の世界も、ぞれぞれの...

  • 正法眼蔵 行仏威儀 49

    このように雪峰義存禅師の境地というものは、どちらが正しいとかどちらが正しくないとかという境地を超越した立場で説かれているのであるけれども、玄沙師備禅師もその主張の中には、なるほどと思われることもあるしなるほどと思われないこともある。雪峰義存禅師もある場合には問題を取り上げて検討しておられるけれども、ある面では問題を突き放して主張、その結論を自分自身で言うより人に任せるという態度の説き方もしている。...

  • 正法眼蔵 行仏威儀 48

    本文に入る前に西嶋先生が解説されます。この「行仏威儀」というのはどういう巻かと言いますと、われわれ人間はものを考えるという能力がある、またものを感ずるという能力がある。ただ人間の在り方の中で一番大切なのは、何をやるかという事だ、というのがこの「行仏威儀」の巻において説かれているところの趣旨であります。人間が何をやるか、どんな形で行動するか、生きていくという問題に関連して、正しさの中で行われている場...

  • 正法眼蔵 行仏威儀 47

    銘記せよ。三世諸仏(過去・現在・未来と言う永遠の時間の中で真実を得られた人々)のために、炎が説く教えを大地に立って聞いていればこそ、真実を得た人と言うことができるのである。この様な真実に関する教えを説く姿は、はたから想像して想像できるものではない。それは弓の名人の師匠と弓の名人の弟子とがお互いに弓を打ち合って、その矢と矢とが空中においてぶつかり合って止まってしまったという状態に他ならない。※西嶋先生...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-